福島カラー印刷株式会社

BLOG

日本人はいつ日本が好きになったのか

雑記

2013.11.10

日本人はいつ日本が好きになったのか
竹田恒泰著
読みました。おもしろいです。

先日実家で父から借りました。
「オレの『恒』と泰子の『泰』だ。明治天皇の玄孫なんだって」
(わたしの父の名は、恒夫です)
華原朋美との話題でさらに有名になっちゃった、竹田恒泰氏。

「日本が好き」と言える(言えない)空気が変化しているのがよくわかる本です。

ほんの数年前テポドンが最初にこっちのほうへ飛んできた頃
「もし戦争になったら戦うか」どうかを聞いてまわったら
ほとんどの人が「戦わない」「海外に逃げる」なんて言ってました。
「え〜!?」
わたしは違う感覚なので、そこで話しを終えてましたが。

ここ数年、日本人の意識は変化してきたようです。その要因。
敵視的な「GHQ」「戦後教育マニュアル」「日本国憲法」「第九条」
隣国、中国、韓国のこと。
一見難しそうなテーマですが、とてもわかりやすく、
やさしく書いてありますので、読みやすかったです。

 

日本経済の大きさを示した章があって、次のことを紹介していました。
日本の都道府県と近い経済規模の国・地域・州旗をあしらった地図
(海外ネタつれずれ)

日本は、県レベルで、アジアや欧州、大洋州の一カ国分程度の経済規模を持っていて
東京都は韓国より上位、大阪府がオーストラリア、福岡県がフィリピン、
静岡県がニュージーランドより上位なんですって。

福島県はアンゴラと近いそうです。

日本人


一覧へ

Categories