BLOG

導線設計と導線の工夫がとてもだいじ【福島市のアド・エージェント・ウェブサイト構築】

ホームページ

2021.06.04

福島市御山のアド・エージェントさんは、創業35年。

手書きの演題制作から今や大判プリンターでの横断幕、サイン制作出力を中心に、広報・イベントのコーディネイトを手がけてきました。
さらに自社の強みを広くPRすべくウェブサイトを新設。
当社がデザイン・コーディングをお手伝いさせていただきました。

ウェブサイトを整えることは、自社の商品・サービスの棚卸しになり、かつ、強みを整理するいい機会となります。

営業品目は、大きく7つです。
1. 垂れ幕・横断幕
2. オリジナルグッズ製作
3. 高品質ポスター出力
4. イベントサポート
5. 看板(屋外・屋内・カーラッピング)
6. 各種印刷
7. 筆耕(宛名書き・賞状作成)

このサイトの特徴は、それぞれの営業品目に制作事例をいくつも載せているので、発注を考える側がとてもイメージしやすいこと。
また、主な納品先や料金体系も明示しています。

サイトデザインに関してのご要望は
「お客様から信頼を得られる色合い・デザイン」

コーポレートカラーは、濃いブルー。
この色をベースにすることで、会社としての信頼と安心感を表現。
その信頼と安心感を裏付けする豊富な事例やサービス情報へ誘導するわかりやすいデザインの工夫をしました。
また、Wordpressを設計し、編集や更新がしやすいようにしました。

繰り返しになりますが、このサイトで重点的に意識したのは、導線です。
取扱項目が多岐にわたるので、サイト訪問者が迷子にならないような導線を意識しての構築。
詳細な情報を整理してコンテンツの並びに優先順位をつけ、情報の混乱を招かないように配慮しました。

 

ここからは、ウェブサイトを公開するあらゆる方へ当社からのメッセージですが
どんなウェブサイトも、一度作って終わりではありません。
「いいウェブサイトができた〜。まんぞくぅ〜」では、結果はでません。

サイトにおいて、導線設計と導線の工夫はとても重要です。
ネット上には様々なサイトがあり、情報があふれています。
サイトを訪れページをみていくごとに、どこになにが書いてあったかわからなくなったら、確実にそのユーザーは目的を達成する前に離脱します。
特に、最終的にオンライン注文までもっていくことをゴールとするものはそうです。
ですから、情報が混乱しての途中離脱を避けるためにも訪問者にとって導線がわかりやすく、シンプルなサイトにする必要があります。

 

導線設計と工夫は、実際のサイトの「動線」をもとに改善を繰り返す必要があります。

「導線は、動線を分析し、改善を繰り返す」

具体的には
「どのページから入ってきているか」
「どのページが最もよく閲覧されているか」
「サイト内でどのように動いているか」
これらを分析するのが、Googleアナリティクスです。

当社では、ウェブの月額管理料をいただいている方へは毎月Googleアナリティクスをお送りしています。
Googleアナリティクスを元に、サイト分析は社内でも盛んに勉強中です。

一度サイトを制作して、それで終わりではなく、サイトの分析をしてリニューアルを繰り返すことです。
そういった視点でも、当社はお客様と共に考え、提案をし、いっしょにいいサイトを作っていく姿勢で仕事をしていきます!


福島カラー印刷の事例にも掲載しています。
こちらのページからご覧ください。

アドエージェント 様 アドエージェント:Webサイト構築

他の案件もご覧いただけます。

一覧へ

Categories