社長ブログ COLOR BLOG

営業のプロは、売り込まない。

先般ご紹介したロイヤルインド様のオーナー(ここでは仮にKさんとお呼びします)は、長年保険の営業をしていて、

今回縁あって、カレー屋さんをやることになったそうです。

お話しをしているととても勉強になります。

保険の営業というと、敬遠したくなる方も多いのではないですか。

「しつこい」とか「強引とか」とか「親類縁者、友人にも営業をする」とか。

 

Kさんは「売り込みをしない」のだそうです。

理由は、自分がその人の立場だったら、イヤだから。

「知識はだれよりも持っているから、その人に興味があれば、

保険のことならなんでも教えてあげられるし、相談にものれますよ。

わたしのことを覚えていてほしいから、顔はだしますけど、一切売り込みはしません。

でも、おもしろいように仕事はでてきます」

Kさんは、とっても明るい表情でお話ししてくれます。

会話のなかで気づくのは、Kさんが「自分は恵まれている」「感謝している」

「支えられている」という言葉をよくつかうこと。

 

営業職だと、数字がほしいので、どうしても売り込んでしまいがちです。

そこを、踏ん張って、「その人のためになるのかどうか」を考えてから話しをすすめること、

それが人と人が仕事を通じてつながっていくのには、とっても重要なことなんですね。

今日もまた、お客さまにいいことを教えてもらえました!