COLUMN

生徒さんたちが「私(I)を発信できる場」に |I&I アヤナイ・ミュージック

2022.04.28

本宮市の音楽教室、アヤナイ・ミュージックさまのオープンに伴い、プロモーションツール一式の制作をご依頼いただきました。ブランディングに欠かせないロゴの制作から、他ツールまでの展開事例をご紹介いたします。

 

コンセプト

「木と水の地」という意味をもつある国では、「We」の代わりに「I&I」私と私と書いて「アヤナイ」と読みます。私という人間、私(あなた)という人間の違いを受け入れともに成長していく。教室が目指すのは、生徒さんたちが「私(I)を発信できる場」になること。ピアノを通じて個々の違いを認め、共感していくことによって、私(I)を好きになれる。社会環境の変化にも柔軟に対応し、レッスン形態にも工夫を重ねています。

 

ロゴデザインのご提案

ロゴの方向性、イメージを共有。そして制作に入ります。
コンセプトから思いを巡らせ、採用いただいた案がこちらです。

音楽との繋がり、そして先生との繋がりを通して自分を形成、確立していく強みを活かしました。「I」と「I」を音楽(ト音記号)が繋いでいます。差別や区別なく違いを認め合う、力強い印象を与えるロゴとなっています。

 

他ツールへ展開

完成したロゴをベースに、名刺、看板、紙媒体などへ展開しました。

外壁の素材を活かした透明のアクリル看板を設置。

オープンに合わせた折込チラシ(上)
実際にレッスンを受けたお客さまの声も盛り込んだ折込チラシ(下)

 

本宮市の「広報もとみや」にも広告掲載しています。

 

まとめ

ロゴに思いを込め、名刺、チラシやリーフなど他のツールへ展開する場合は同じテイスト・世界観で揃えることで統一感が生まれます。ブランドとしての価値を高め、魅力を最大限に発揮できるお手伝いができればと思います。

 

I&I アヤナイ・ミュージック

 

一覧へ