コラム COLUMN

人材採用のプロモーションをするなら、リクルートサイトは必須です。

 

 

今の仕事探しは、インターネットが主流

 

採用が難しくなっている昨今、コーポレートサイトとは別にリクルートサイトを設ける企業が多くなってきています。

求職者が仕事探しに活用する情報源は、
1位 インターネット
2位 フリーペーパーや無料のタウン誌
3位 チラシ・折込広告
4位 友人・知人・家族の紹介
5位 求人情報誌、6位新聞です。
(出典:一般職業紹介状況 厚生労働省)

 

今の仕事探しは、インターネットで探している方が多く、求人誌や求人チラシで見ても、興味を持てばネット検索して企業の詳細な情報を調べます。
ネット検索された時、リクルートサイトがある会社であれば、より詳細な情報を伝えられ、印象も良くなり選ばれやすくなります。

このような状況のなか、必要最小限のコストで応募を獲得し、優秀な求職者からも選ばれるようにしたいと考えることから、サイトの必要性を感じ、リクルートサイトを作っている企業が増えているのです。

 

【メリット】
1. 煩わしい制限がなく、好きなだけ情報を掲載できます。
2. ミスマッチを事前に防ぎ、優秀な求職者からの応募が得られるようになります。

3. あらゆる媒体からアクセスを集められます。
4. 求人媒体に頼ることなく独自に宣伝して求職者からの応募を集められます。
5. より応募が得られるリクルートサイトに育てあげられます。

企業の魅力をより多く、深く、新鮮に伝える

 

リクルートサイトを作成する際のポイントは、求職者が気になる情報をより多く、深く伝えること。

実際に今そこで働いている先輩社員の声などは、とても興味をもって見てもらえます。

さらには、更新頻度を上げ、新鮮さを保つこと。

数年前の情報は古いだけでなく、企業の情報展開に対する姿勢も表していることに解釈されます。

新たな情報を発信していく姿勢に将来性を感じたり、やりがいを見出す人も多いです。

代表の理念やメッセージ、会社概要、沿革などリクルートサイト必須の情報のスペースもしっかり備えましょう。

他にも、社員の1日のスケジュール、キャリアプランと年収プラン、教育の流れ、社内イベント、採用担当者からひと言など、この会社に入社してから自分がどうなっていくのかがイメージしやすい内容もあるとベストです。

 

 

 

スマホで快適に見られることも、印象がよくなる要素です

 

さらに、必ず整えるべきことは、レスポンシブデザインであること。
求職者のほとんどは、スマホで情報を見ています。むしろスマホ対応を最優先に考えるべきですが、パソコンでも、スマホでも、タブレットでも、マルチデバイス対応となるレスポンシブデザインにすることで、それぞれ快適な形で見ることができ、情報の浸透度も上がります。

 

 

 

リクルートサイトを充実させることで、WEB広告(リスティング広告やディスプレイ広告)を活用することもできます。
また、リクルート用企業ブランディング動画をコンテンツに加えることで、企業の魅力を視覚的、感情的に伝えることも可能です。

 

 

採用が難しい今だからこそ、一度採用したらできるだけ長く活躍してもらいたいと思います。だとすれは、リクルートサイトでしっかりと企業の現状・実像を伝え、マッチする人材を採用することがだいじです。