社長ブログ
2014年07月17日

IMC(統合型マーケティング)というマーケティングアプローチ

どう伝わったら、買いたくなるか
絶対スルーされないマーケティングのつくり方
藤田康人 著
読みました。

どんなにIT技術やテクノロジーが進化しても、
人々の心を完全にコントロールすることなど決してできません。
なぜならソーシャルメディアもスマートフォンも、
単なるコミュニケーションのツールのひとつにすぎないからです。
これまでも常に、企業が発信する情報にとっての
最適なメディアと手法は変わってきました。
そして、いつの時代でも誰かを本当に動かすことができるのは、
人の心の琴線に触れるストーリーと
そこに込められたメッセージです。
その消費者を動かすストーリーの
題材と切り口がどこにあるのかを探すことこそが、
真のマーケティングなのです。

著者は、IMC(統合型マーケティング)という
マーケティングアプローチ展開をしています。
IMCは、従来のマス広告中心のマーケティングとは違い、
PRやクチコミやウェブ、店頭でのプロモーションなど、
すべてを統合的に組み合わせて、消費者に情報を伝えようというアプローチです。
キシリトール、ファイバーデトックス、ブームを仕掛けた人です。


ページの先頭へ