社長ブログ
2014年05月22日

プライドのありよう

社会的成功をおさめること、高級車に乗っている、肩書きがすごい。
「他人より偉い、すごいと思われるなにかをもっている、なにかができた」
それがプライドということは、だんだんなくなっていくのかもしれないそうです。
そういった栄誉や自慢の所有物ではなく
「あれをしない」「これだけはされない」
ひそかな心の有り様がプライドになってくる。
だれかが自分を非難してきても、自分からは攻撃しない。
いじめをうけても、自分は他人をののしらない。

いま特に若者のプライドが変わってきているそうです。
「わたしはこれだけはしないようにしてきた」というプライド。


ページの先頭へ