社長ブログ
2014年04月22日

アラフォー男子の憂鬱

アラフォー男子の憂鬱
常見陽平/おおたとしまさ 編著
読みました。

思春期に重なるバブル期を抜けると就職氷河期であった。
昭和が平成になった。社会に出たころに経済成長が止まった。

この本、目次を拾っても楽しめます。

・「とりあえずビール」のルールが徹底された最後の世代
・「ちょいワル」にならせてもらえない僕たち
・いつのまにか「ガンダム好き」にされていた僕たち
・元祖「消費をしない若者」は、
  実は繰り返し消費させられ続けた世代である

・大人の入り口としての、僕たちのバンドブーム
・アラフォーサブカル男子に絶大な影響を与えた、
  オールナイトニッポン
・バンド社会もサラリーマン社会も、中身は変わらない

・「全員集合」派vs「ひょうきん族」派
・ユーミンの都会文化、ドリカムの地方文化、とんねるずの素人文化
・それまであったはずのレールが外された、最初の世代
・社会を壊さなくなっていく僕たち

・「ゲームばかりしていた世代」の誤解
・遊び場の減少と時を同じくして誕生したファミコン
・テレビゲーム、引きこもり、誘拐殺人
・何でもググれる時代は遠い未来のことだった
・ネットでさまざまなものを楽しめる時代に、
  楽しめない年齢になっていた僕たち
・不完全なものばかりを試させられ続けたアラフォー世代

・アラフォー世代はポスト「金八先生」世代
・どの世代でも自分が受けた教育を当たり前だと思う
・「ブルセラ」「援助交際」と僕たちの青春
・競争社会の中で、クラスメイトの成績を落とす方法とは?
・3人に1人は浪人した大学受験
・アラフォー世代は「イクメン病」にご用心

・憧れの職業から「社会のお荷物」に落ちたフリーター
・インターネットの普及もリアルタイムで知る、
・「元祖デジタルネイティブ」
・社会の実験台てあり続けた、端境期の僕たち


ページの先頭へ