社長ブログ
2014年04月18日

不合理なものに対する向き合い方

久々に、ドラッカー。

「他人の育成を手がけない限り、
自分の能力を向上させることはできない。
マネジャーが、自分への要求水準を高めるのは、
他者の能力を開発しようという努力をとおしてなのである」

人間の成熟を考えるときに、能力の直線的な成長よりも、
不合理なものに対する向き合い方がものをいうのではないか。

「サラリーマンは二度会社を辞める」楠木新 著
に書いてありました。


ページの先頭へ