社長ブログ
2020年05月22日

ランディングページとWeb広告でPDCAを回す〜おさらい勉強会

問い合わせや資料請求を増やしたい。
こういった目的がはっきりしているなら
ランディングページ(LP)とWeb広告を組み合わせて運用すべき

こんなテーマを元に、当社郡山営業所で勉強会をしました。
最近Web案件が増えてきて、お客様からも聞かれることが多くなった
ランディングページとWeb広告のこと、おさらいです。


一般にいわれるランディングページは

・資料請求、問い合わせ → 売上アップ
・見学会、セミナーなどの予約申し込み → 見込み客発掘

このような目的で作られることが多いです。
しかし、作っただけでは、目的を達成することはとても難しいです。

なぜなら、このページの存在はだれも知らないから。
自然検索に任せるのも一つの方法ですが
従来の媒体で考えてみると
チラシを作って、店先にそのまま放置しておくようなものです。

ランディングページはある目的のために作ったら、
その目的を果たすために広告する必要があります。

広告の仕方は
1. リスティング広告・デスプレイ広告
2. SNS広告(Facebook・Twitter・Instagram)・動画広告
有料ではありますが、広告するエリア、属性の絞り込みができて
かつ、広告の到達度合いも分析できることが大きなメリットです。

もちろん地道に
紙媒体の名刺・チラシ・パンフにQRコードを入れる
メルマガなどにURLリンクを記載する
自然検索を狙って、まめなブログ投稿にURLリンクを記載する
こういった手段もあります。

わたしたちがお客様にランディングページとWeb広告を
お勧めする理由のひとつは、PDCAを回しやすいこと。

この内容で打ち出して、この属性へ広告して、どんな結果だった。
じゃー次は、この内容でやってみましょう!
次の展開につなげる検討材料が手元にできるのが大きなメリットなのです。


ページの先頭へ